美容室で売るものとは?

スタイリスト:入江晋平


こんにちはmoon代表の兵頭です。

いきなりですが皆様は美容室に何を買いに(求めて)行きますか?

美容師さんは何の対価としてお客様からお金を頂いてますか?

これって僕の中でとっても難しい事なんです

美容室側もその対価は美容室によって違うでしょうしお客様側も人によって求めるものが違うと思います。

まぁ、そんな事を議題に出してどうするの?と思いの方もいらっしゃるとは思いますが・・・

そんな、ナンセンスなお話し今日はしたい気分なんです。

しばし僕の気分にお付き合いくださいませ。

僕の考え方で書きます。

moonでは、スタッフを売ってます。

もう少し詳しく書きますと美容業務においてのスタッフを拘束する時間を売ってます。

基本スタイリストによるカットが時間のベースになってくるのですがmoonでは30分。

カットで30分ですので30分刻みのご予約を取らせて頂いております。

要するに30分でカットが終わらないとお客様をお待たせしてしまうという事です。

うちのスタイリストのカットは30分¥4500。

その時間より早くなろうが遅くなろうが¥4500です。

時間と価格の関係で言いますと早ければ技術価値が上がりますし遅ければ技術価値が下がります。

もちろん丁寧な技術・接客を前提にです。

こう言った売り手側の事ばかり書くと、どうしてもギスギスしがちですのでお客様の気持ちになって考えてみたいと思います。

まず、お客様はどの様な気持ちで美容室に来ていただいているかを考えていこうと思います。

お客様は美容室に来ることが基本的には苦手。

行きたくないわけではないが面倒くさい。

行かなきゃスタイルが保てないから行く。

もしくは、早く終わるのであれば早く終わりたい。

と思ってる方が大半だと僕は考えています。

何度通っても緊張しますし・・初めてなんてもう不安のかたまりでしょうしね。

僕にも食欲をオシャレが上回る時代もありましたが、基本人間は三大欲以外面倒だと思うと思うんです。

でも、そんな気持ちの中・・・

行くならこの美容室がいい。

カットしてもらうのはこの人がいい。

シャンプーはこの人がいい。

お話しするならこの人がいい。

その様に、マイナスからどれだけのプラスを拾って美容室を選んでご来店頂いているか。

まず、そこに気付いてあげる事が重要なのではないかと思っているわけです。

お客様が美容室に費やす時間ってそれだけ大切なんです。

苦手意識のマイナスからわざわざプラスを沢山拾って来て頂いているんです。

勿論プラスになってご来店される方もいらっしゃれば、中にはプラスにならずマイナスのまま美容室にこられる方もいます。

でもそれは悪い事ではないんです。

誤解を恐れず言うのであれば歯医者さんと一緒です。

まぁ、美容室の場合ファッション性もあるので全くではないですが。

1:意識高くホワイトニングするぞー!綺麗な歯になってもっと綺麗になるぞー。

2:定期的に虫歯にならない様に歯医者に行かなきゃ。

3:なんか、歯がいたいなぁ。歯医者行かなきゃなぁ。

殆どの人が3番でしょ?

僕は間違いなく3番です。

気分で2番の気分の時ありますが基本3番。

そうやって無意識に色々心の準備をして来て頂けると思うと、そんな大切なお時間無駄に出来ないって思うわけですよ。

うちの美容室でゆっくり過ごすくらいなら1分1秒早く終わらせてコーヒーでも飲みに行った方がどれだけゆっくりできるか。

この様に、お客様側に立って冷静に美容室を見ていないと必ず歪が出てくると思うのです。

で、それが分かってての動きや言葉が自然と必要とされているサービスに繋がっていくのではないかと考えています。

その様に美容室はスタッフをどんどん熟練させより良いサービスを提供する事が重要なのではないかと・・・。

さて、話は最初に戻ります。

美容師の売るのもの。

スタッフの時間です。

ただ時間と言っても大切なのはどんな美容師がどんな時間を売るのか。

これにつきますね。

もしかすると何年後かには違う事言ってるかもしれませんが。

これからのスタッフの成長が楽しみです。

ではまた。


兵頭オフィシャルLINE☟

会社の事や見学の日時など気軽にご相談ください。

お待ちしてます(^^)

moon hair styling salon

東横線にある美容室moonの求人サイト  アシスタント(新卒・中途)・週休3日or4日制ママさん美容師募集中 社会保険完備 アットホームな地域密着サロン 武蔵小杉から5分 新丸子から3分

0コメント

  • 1000 / 1000